faq

サービスに関するお問い合わせ

スペックに関するお問い合わせ

プロダクトに関するお問い合わせ

サービスに関するお問い合わせ

Q. 衛星画像はどこで検索・入手できますか。

A. ALOS-2、ALOSデータはセンサにより、検索・注文窓口が異なります。
詳しくは下記ページをご覧ください。
購入方法ページ

Q. ALOS、ALOS-2データの提供単位を教えてください。

A. 衛星プロダクト毎に定められている「シーン」単位でご提供します。

Q. ALOS、ALOS-2データを利用したい場合は、どこに問い合わせれば良いでしょうか。

A. お問い合わせ先は下記ページをご覧ください。
お問い合わせページ

Q. ALOS、ALOS-2データのクレジット表記について教えてください。

A. ALOS、ALOS-2データを配布物等に使用する場合は、下記コピーライトをご記載ください。
(※ALOS/PRISM ALOS-2/PALSAR-2共通)

標準データ

著作権について 著作権:宇宙航空研究開発機構
著作権:JAXA
©JAXA:ALL RIGHTS RESERVED
©JAXA
配布について 配布:共同企業体
衛星データ配布:共同企業体

スペックに関するお問い合わせ

Q. ALOS,ALOS-2の精度について教えてください。

A. 精度評価の結果は下記サイトをご確認ください。
ALOS/標準プロダクトの精度評価
ALOS-2/標準プロダクトの精度評価

Q. ALOS-2が関心領域(AOI)をいつ撮影するか教えてください。

A. おおよその観測日時は下記サイトをご確認ください。
また、基本観測シナリオのKMLファイル・シェープファイルや範囲図もダウンロード可能です。
PALSAR-2基本観測シナリオマップ/ユーザガイドライン

Q. ALOS-2の後方散乱係数の補正値(キャリブレーションファクター)について教えてください。

A. 後方散乱係数の補正値は下記サイトをご確認ください。
ALOS-2/JAXA標準プロダクトの精度評価結果

プロダクトに関するお問い合わせ

Q. ALOS、ALOS-2画像を検索する際に選択可能な衛星進行方向、アセンディング、ディセンディングとは何ですか。

A. アセンディング(上昇軌道)とは、衛星が南から北へ向かう軌道を、ディセンディング(下降軌道)とは北から南へ向かう軌道を指します。

アセンディング(上昇軌道)ディセンディング(下降軌道)

Q. ALOS、ALOS-2画像の処理レベルについて教えてください。

A. ALOS、ALOS-2画像の処理レベルの定義は下記ページをご覧ください。
ALOS/PRISMページ
ALOS-2/PALSAR-2ページ

Q. ALOS、ALOS-2画像の観測日時やプロダクト処理条件等の情報はどこで確認できますか。

A. プロダクト諸元(メタデータ)は、製品に格納されているサマリファイル(summary.txt)で確認できます。

Q. リサンプリング法の意味と、その種類について教えてください。

A. 【意味】
リサンプリング(再配列)とは画像の拡大、縮小、回転、変形、解像度の変更等の操作を行う際、元のピクセルの間に中間の色を生成する、また隣り合うピクセルの色を補完して平均化する技術です。

【種類】
ALOS、ALOS-2のリサンプリング法は下表のとおりです。
また、レベル1.5/2.1/3.1でパラメータの設定が可能です。

種類 説明 長所 短所
NN:
ニアレストネイバー法
高速表示が可能で、画素値がオリジナルのまま利用されるため、画像解析に適している 元の画像の画素値が維持される 滑らかさに欠ける
BL:
バイリニア法
地形のように、ほぼ連続的に変化する画像に適している 滑らかな画像が得られる元の画像の画素値を維持できない
CC:
キュービック
コンボリューション法
鮮明な画像となるため、画像判読に適している 平均化された画像が得られる 元の画像の画素値を維持できない

ニアレストネイバー バイリニア キュービックコンボリューション参考図

Q. ALOS、ALOS-2画像の検索で指定が可能なMap NorthとTrue Northの違いについて教えてください。

A. ALOS、ALOS-2画像で指定が可能な地図の方向と処理レベルは下表のとおりです。

地図の方向

種類 内容
Map North 磁北(処理パラメータで設定した地図投影法の北)
True North 真北(北極点基準の北)

処理レベル

衛星/センサ 設定可能な処理レベル
ALOS/PRISM レベル 1B2
ALOS-2/PALSAR-2 レベル 1.5/2.1/3.1

※レベル 2.1はMap Northのみの設定

詳細は下記サイトをご確認ください。
パスコホームページ/用語集一覧(真北とは?磁北とは?)

Q. 選択できる地図投影法の種類を教えてください。

A. 選択できる地図投影法は、下記のとおりです。

ALOS/PRISM:レベル1B2で設定可能。
  • U:UTM(ユニバーサル横メルカトル図法)
  • P:PS(ポーラステレオ図法)※1
ALOS-2/PALSAR-2:レベル1.5/2.1/3.1で設定可能。
  • U:UTM(ユニバーサル横メルカトル図法)
  • P:PS(ポーラステレオ図法)※1
  • M:MER(メルカトル図法)
  • L:LCC(ランベルト正角円錐図法)※2
  • ※1 PSは北極(もしくは南極)を視点とする図法です。
  • ※2 LCCは北極点(もしくは南極点)を頂点とする扇形の地図です。

Q. ALOS-2画像のレベル2.1のオルソ処理に使用されているDEMについて教えてください。

A. 使用されているDEM(数値標高モデル)は下記のとおりです。

日本

10m dem:GISMAP_Terrain:GIS MAP Terrain(北海道地図)

日本以外

90m dem:SRTM90m_v4.1:SRTM 90m Digital Elevation Database v4.1(CSI)

Q. シーンシフトする方向と値(プラスとマイナス値)の関係について教えてください。

A. 各センサのシフト方向については以下のとおりです。
衛星の進行方向がプラス値となります。

ALOS/PRISM(ディセンディングのみ該当)

マイナス方向のシフト = 北方向への移動
プラス方向のシフト  = 南方向への移動

ALOS-2/PALSAR-2

・アセンディング: 
マイナス方向のシフト = 南方向への移動
プラス方向のシフト  = 北方向への移動

・ディセンディング: 

マイナス方向のシフト = 北方向への移動
プラス方向のシフト  = 南方向への移動

上に戻る

お問い合わせ

ご不明点などございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

パスコALOS専用お問い合わせ窓口

ALOS画像検索・注文はこちらから

この先は衛星データ利用促進プラットフォームサイトへ移動します。

衛星データ利用促進プラットフォーム

衛星データ利用促進プラットフォームとは

新着情報
ALOS-2について
ALOSについて
ご提供製品
購入方法
サンプルデータ

FAQ

本サイトで使用している画像の著作権者は次の通りです。

ALOS-2(PALSAR-2),ALOS(PRISM及びAVNIR-2):(独)宇宙航空研究開発機構 提供

ALOS(PALSAR):経済産業省及び(独)宇宙航空研究開発機構 提供