ALOSについて

ALOSについて

ALOS主要諸元
打上日 2006年1月24日
打ち上げ機 H-IIAロケット
打ち上げ場所 種子島宇宙センター
衛星質量 約 4トン
発生電力 約7kW(寿命末期)
寿命 設計寿命:3年、目標寿命:5年
軌道 太陽同期 準回帰軌道
回帰日数:46日
サブサイクル:2日
高度:691.65 km(赤道上空)
傾斜角:98.16°
姿勢決定精度 2.0 x 10-4°以内(オフライン、GCPあり)
位置決定精度 1m以内(オフライン)
データ転送速度 240Mbps(データ中継衛星経由)
120Mbps (直接送信モード)
搭載データレコーダ 固体データレコーダ (90Gbytes)

「だいち」の愛称で親しまれているALOS(Advanced Land Observing Satellite)は、2006年1月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた世界最大級の陸域観測技術衛星です。


5年間で全世界を約650万シーン撮影し、2011年5月に運用を終了しました。

ALOSの主要ミッション

陸域観測技術衛星ALOSは、以下の分野での貢献を図ることを主要ミッションとしています。

◆地図作成

国内及びアジア太平洋地域などの諸外国の地図作成・更新を行うこと


◆地域観測

世界各地域の「持続可能な開発」(地球環境と開発との調和)に必要な地域観測を実施すること


◆災害情報把握

国内外の大規模災害の状況把握を行うこと


◆資源探査

国内外の資源探査を行うこと


◆その他:技術開発

将来の地球観測に必要な技術開発を行うこと

ALOSの形状と搭載パーツについて

ALOSは、高精度で標高抽出を行うためのパンクロマチック立体視センサ(PRISM)、 土地被覆の観測を高精度に行うための高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)、 及び昼夜や天候によらず陸域観測が可能なフェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR) の3つの地球観測センサを搭載しています。

データ受信について

世界最大級の地球観測衛星ALOSは、高分解能の陸域観測データを全地球的規模で収集することを目的としており、観測データも大容量となります。


そこで、観測したデータをEOCで直接受信(ダウンリンク)する以外に、データ中継衛星(DRTS)を用いることで、 ALOSがEOCの受信可能範囲外の軌道を飛行していても、日本周辺以外で観測されたデータをDRTS経由で速やかに受信することが可能となります。


DRTSは、2002年9月に種子島宇宙センターからH-IIAロケットで打ち上げられたデータ中継技術衛星で、「こだま」という愛称で親しまれています。


データ中継衛星とは、通信衛星の一種で静止軌道上に配置され、中~低高度(300~1000キロメートル)を周回する宇宙機(衛星など)と地上局との通信を中継します。 こうした中継を行うことにより、中~低高度の宇宙機と地上局との間のリアルタイムでの通信可能領域を飛躍的に拡大することができます。


△ ALOSから直接データの受信を行う想像図
△ データ中継衛星(DRTS)を使いデータの受信を行う想像図

お問い合わせ

ご不明点などございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ窓口 : order@alos-pasco.com

ALOS画像検索・注文はこちらから

この先は衛星データ利用促進プラットフォームサイトへ移動します。

衛星データ利用促進プラットフォーム

衛星データ利用促進プラットフォームとは

お問い合わせ
新着情報
ALOS-2について

ALOSについて

ご提供製品
購入方法
サンプルデータ
FAQ

本サイトで使用している画像の著作権者は次の通りです。

ALOS-2(PALSAR-2),ALOS(PRISM及びAVNIR-2):(独)宇宙航空研究開発機構 提供

ALOS(PALSAR):経済産業省及び(独)宇宙航空研究開発機構 提供